外来種防除啓発で試み 石中で簡潔プログラム 自然環境事務所

椅子取りゲームを応用した体験学習で外来種増殖の恐怖を体感した生徒ら=23日午後、石垣中学校

 環境省沖縄奄美自然環境事務所(東岡礼治所長)は23日午後、新たな試みとなる「侵略的外来種に関する簡潔型環境教育プログラム」を石垣中学校(宮良信浩校長)で行なった。3年1組(39人)の生徒が参加し、座学や、椅子取りゲームを応用した学びなどを通して外来種問題への認識を深めた。
 同事務所はこれまで、「石垣島における侵略的外来種の防除に関する普及啓発業務」として、エコツーリズム・環境教育を行う「エコツアーふくみみ」(大堀健司代表)協力の下、伊原間中学校で年間8時限(2時限×4回)の外来種学習を実施してきた。

 時間的制約から他校での実践が困難だったが、今回、2時限という簡潔かつ室内型の体験的環境学習プログラムを考案し、試験的に実践した。伊原間中以外での同業務は初めて。
 授業では講師の大堀代表が外来種の基礎知識を伝え、外来種増加による問題点や外来種対策について、椅子取りゲームを応用した体験などを実施した。
 椅子取りゲームではカエルを題材に全生徒が固有種役でスタート。椅子は2脚分足りないため、固有種役が椅子に座れないと外来種役に変わり、固有種を徐々に駆逐していった。
 生徒は体験を終え、外来種が増殖する恐怖を体感し、「軽い気持ちで生き物を飼わない」「自然を守るために外来種の知識を持つことが大切」などと感想を話した。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  防衛省で前幕僚長を務めた河野克俊氏が12日、日本記者クラブでオンライン会見し、石垣市が尖閣諸島に字…
  2.  第十一管区海上保安本部によると、尖閣諸島(石垣市登野城尖閣)周辺の領海外側にある接続水域では15日…
  3.  第十一管区海上保安本部によると、尖閣諸島(石垣市登野城尖閣)周辺の領海外側にある接続水域では14日…
  4.  県は14日、八重山で新たに17人が新型コロナウイルスに感染した、と発表した。新規感染者は石垣市で1…
  5.  石垣市は14日、今年4月1日で認可保育園やこども園などの待機児童ゼロを達成した、と発表した。保育の…

ページ上部へ戻る