「制服ください」 八重高SDGs 卒業生から後輩へリレー

「制服ください」と呼び掛ける(左から)島尻さん、黒島君、平良さん、福聚さん=7日午後、八重高カウンセリング室

 八重山高校卒業生らに使用しない制服を寄付してもらい、学校でリユース(再使用)する仕組みを作る―。同校の有志生徒らで組織されたサークル「八重高SDGs」のメンバーらが7日午後、初の試みとなる「制服リレー」の記者発表を同校で行った。メンバーの島尻紗和さん(18)は「3年間着た制服を思い出やタンスにしまわないで、後輩たちに『気持ちが入っている制服』を届けませんか」とPR。「制服ください」と書かれたポスターも作製し、全ての八重高卒業生に呼び掛けている。

 同サークルは、17ある持続可能な開発目標(SDGs)の中から自分たちが身近に感じる「つくる責任 つかう責任」に焦点を当て、日常生活の消費活動の改善に取り組んでいる。
 昨年7月、SDGsの認知度を上げようと結成し、3年生の島尻さん、黒島将斗君、小川秀雄君、2年生の平良由香子さん、福聚桃葉さんの5人が活動している。
 5人は高校生がSDGsを身近に感じ、学校全体で取り組みやすい活動を考え、「2着、3着ないと着回せない」という現状などから、制服リレーに行き着いた。
 同校で必要な制服の最低費用を試算すると、男子で約2万6000円、女子で3万1000円ほど。3年生を対象とした11月のアンケート調査では、卒業後は制服を「捨てる」(15%)、「タンスにしまう」(41%)との回答を得、生徒にリユースの考え方と「つかう責任」を根付かせるための仕組み作りの実現に動いた。
 対象となる制服は男子の学生服とワイシャツ、女子のセーラー服で、▽クリーニングを済ませる▽絞られたズボン、袖より裾が短い学ラン、極端に短いスカートは対象外―などの条件を設けている。
 今後は3月の卒業パーティーで制服を受け取るほか、同校に窓口等を設置して対応し、3月25日の新入生オリエンテーションでリレーを実施する。4月中に成果報告をする予定。
 問い合わせは、同校℡82・3972(担当教諭・伊集、河野)。

関連記事

Yaeyama Nippo official SNS

ピックアップ記事

  1. 第十一管区海上保安本部によると、尖閣諸島(石垣市登野城尖閣)周辺の領海外側にある接続水域では22日、…
  2. 竹富町は22日、西表島を除く各島で、新型コロナウイルスワクチンの住民一斉接種を行うことが決まった、と…
  3.  第十一管区海上保安本部によると、尖閣諸島(石垣市登野城尖閣)周辺の領海外側にある接続水域では21日…
ページ上部へ戻る