緊急患者空輸で1万人突破 1972年から 陸自第15旅団

那覇空港到着後、那覇市消防に患者を引き継ぐ隊員ら=13日(提供・陸自第15旅団)

 陸上自衛隊第15旅団第15ヘリコプター隊(隊長・坂本貴宏一佐)は13日、緊急患者空輸で搬送した患者数が1万人を突破したと発表した。宮古島市の男性を連絡偵察機(LRー2)で那覇空港まで空輸した。
 緊急患者空輸は、災害派遣の一環で離島から患者を空輸する。全国の自衛隊が実施しており、沖縄県に所在する第15旅団のヘリ部隊・第15ヘリ隊は県全域と奄美大島より南の鹿児島県を担当している。沖縄県からの依頼件数が多く、祖国復帰直後に米空軍から任務を引き継ぎ、1972年126日に第1回目を実施。今年3月13日現在で、9639件(1万人)となった。今年度の実施回数は187件(県内144件、鹿児島県43件)で、搬送患者数は189人。2日に一回のペースで実施している。
 坂本隊長は「沖縄県及び鹿児島県の島民の安心・安全に寄与できるよう、関係機関との連携を図っていく」とコメントした。

関連記事

Yaeyama Nippo official SNS

ピックアップ記事

  1. 第十一管区海上保安本部によると、尖閣諸島(石垣市登野城尖閣)周辺の領海外側にある接続水域では22日、…
  2. 竹富町は22日、西表島を除く各島で、新型コロナウイルスワクチンの住民一斉接種を行うことが決まった、と…
  3.  第十一管区海上保安本部によると、尖閣諸島(石垣市登野城尖閣)周辺の領海外側にある接続水域では21日…
ページ上部へ戻る