伝統ある2幼稚園に幕 園児や住民、セレモニーで別れ

 今年で閉園する石垣市のやえやま幼稚園(登野城、宮良勝也園長)、みやとり幼稚園(石垣、市原教孝園長)は19日、それぞれお別れセレモニーを開き、やえやま幼稚園は87年、みやとり幼稚園は74年の歴史に幕を下ろした。共に施設の老朽化が進み、地域内に子どもたちの受け皿となる他の保育・教育施設が存在することから、市教育委員会は両幼稚園とも、今年度限りで園児募集を停止した。

やえやま幼稚園
 同園の累計の園児数は8926人。宮良園長は「昭和、平成、令和を歩み、地域の4、5歳児を健やかに育ててきた。87年の長きにわたり、温かい支援をいただいた」とあいさつ。
 47年前、近くに家を建て、園児たちを見守ってきた登野城字会の玉城学前会長(71)は「非常にさびしい思い」と声を詰まらせ「いつの日か、どこかで、やえやま幼稚園の名前が復活することを願いながら今日を迎えた。やえやま幼稚園さようなら、ありがとう」と感謝を伝えた。

みやとり幼稚園
 同園の累計の園児数は5117人。市原園長は「石垣小に近く、宮鳥御嶽の隣で広々とした空間があるこの場所が、いつか地域に見守られる場所として復活することを心から願う」とあいさつ。
 石垣字会の会長で、卒園者でもある森永用朗会長(67)は「宮鳥御嶽の神様が皆さんを守ってくれるように、きょうは旗頭を飾り、御嶽の拝殿も開けた。幼稚園で学んだ思いを大事にしてほしい」と呼び掛けた。中山市長もあいさつした。

 やえやま幼稚園は1933年に創立され、石垣市の幼児教育の礎を築いた。現在の園舎は74年、登野城公民館との併設でスタート。築46年が経過して老朽化が進んでいる
 みやとり幼稚園は1946年に創立され、石垣市の幼児教育の礎を築いた。現在の園舎は69年、石垣公民館との併設でスタート。築51年が経過して老朽化が進んでいる。

関連記事

八重山日報公式Twitter

ページ上部へ戻る