八重農 興南にコールド負け ピストル打線つながらず

3回裏、興南・西里颯(石垣二中出身)にセンター前安打を放たれる八重農・親里大翔=18日、沖縄セルラースタジアム那覇

2020県高校野球夏季大会(主催・県野球連盟)2回戦が18日、沖縄セルラースタジアム那覇で開かれ、一回戦を勝ち進んだ八重山農林は県内屈指の強豪校・興南と対戦し、0―9で敗れた。
 石垣二中出身の西里颯主将と下地敦大捕手を擁する興南は初回から打線がつながり、6回までに11安打9得点の猛攻を見せた。
 投げては八重農先発は垣本が登板し、2回にエース親里へ交代。6回には3番手の東盛に継投した。
 八重農は興南先発・屋嘉比、継投の伊波に1番砂川、3番岡本の安打や4番上田の3塁打などを放つも後続が打ち取られ、自慢のピストル打線が沈黙。6回コールドゲームとなった。
 試合結果は次の通り。
 八重農
 0000000|0
 121032×|9
 興南
 (八)垣本、親里、東盛―岡本
 (興)屋嘉比、伊波―下地、呉屋
 ▽三塁打=上田(八)、喜屋武②、黄、比嘉(以上、興)
 ▽二塁打=比嘉、山城南(以上、興)

関連記事

八重山日報公式Twitter

ページ上部へ戻る