【金波銀波】会うたびに「おれのこと好きか」…

 会うたびに「おれのこと好きか」「あたしのこと愛しているの」と気持ちを確かめ合うカップル。ほほえましいが、この男女を日本と米国に置き換えると「気持ち悪い」と指摘するのは元在沖米海兵隊幹部のロバート・エルドリッヂ氏だ。本紙新年号での発言である◆米国の政権が交代するたび、日本政府は、日米安全保障条約で定められた米国の防衛義務が「尖閣諸島にも適用される」との確認を求める。中国が尖閣諸島を奪おうとすれば、世界最強の米国が駆け付ける、という約束は心強い◆だが、そんなことは自明の理であり「何度も確認する必要はない」とエルドリッヂ氏。むしろ「日本が安心できないのは、日米の間に何かがあるからではないか」という疑心暗鬼を招きかねないと批判する◆中国は内心、このやり取りをどう見ているのだろう。自国の領土を保全するのに、いちいち米国の保証を求める日本の姿勢こそ「くみしやすい」と映るのではないか。泰然自若と「自分の領土は自分で」と言える日本を見る日は、ついにないのだろうか◆尖閣を守ろうとする日本政府の外交努力は買うし、米国の言質があれば、八重山住民としては確かに安心する。だが個人的には、このニュースを聞くたび、一種の喪失感も胸をよぎる。  (N)

関連記事

ピックアップ記事

  1.  第十一管区海上保安本部によると、尖閣諸島(石垣市登野城尖閣)周辺の領海外側にある接続水域では26日…
  2.  県立八重山高校(黒島直人校長)の家庭クラブは、今春卒業する3年生の制服を回収し、リユース(再利用)…
  3.  「タイワン!」。平埔(へいほ)族の言葉で「お客さん!」という意だという。「台湾」とは、その昔オラン…

話題をチェック!

  1.  10月に予定される消費税率引き上げに伴う消費喚起を目的とした「プレミアム付商品券」を広くPRしよう…

assembled by まめわざ

日付から記事を検索

2021年2月« 1月
« 1月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
八重チャンネル
定期購読のお申し込み
ページ上部へ戻る