飲食店「景気良くなって」 営業時短要請きょう緩和 石垣市

時短要請緩和を前にした美崎町。通行人はまばら=23日夜

 県が石垣市内の飲食店に要請していた営業終了時間が24日、午後8時から午後10時に緩和される。時短要請緩和は県内市町村で唯一。飲食店からは「景気が良くなって」と期待する声が上がる。

 石垣市美崎町のある居酒屋は、要請に協力して店を午後8時に閉店し、協力金を受け取った。
 男性店長は「一番売り上げが伸びる午後6~9時の間に営業ができないのは苦しかった。売り上げも6割落ちたが、やはり世間体を気にして要請に応じた。明日から景気が良くなることを願う」と期待。
 今回の時短要請に対し「納税額や従業員数によって補助額を変えたほうが良かったのでは。『もっとほしい』とは言えないし、スタッフが多い店舗は開けざるを得ない」と同情した。
 別の居酒屋は8日から始まった営業時間短縮要請には応じず、今月も平日は午後11時、休日は午前零時まで、地元客のみを対象に営業していた。
 「時短要請が緩和されても、うちは特に変わらない」と話す男性店長は「数日は8時に閉めていたが、島の感染者数と抱える従業員の数を考えると、開けたほうが賢明だと判断した。連日ほぼ満席の状態が続いている」と説明する。
 男性店長によると、地元客から「店を開けてほしい」という声も多かったという。席には仕切りを設置し、感染対策を万全にした上で営業している。
 県独自の緊急事態宣言は28日に解除される見込み。竹富、与那国両町は入院治療のできる医療機関がなく、クラスターが起こる可能性があるとして緩和は見送られた。
 1月22日に発表された時短要請の内容は、営業時間を午前5時から午後8時までの範囲内(酒類提供は朝11時から夜7時まで)に定めた飲食店に対し、協力金として1日当たり4万円を支給するもの。緩和後は支給額が半額になる。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  第十一管区海上保安本部によると、尖閣諸島(石垣市登野城尖閣)周辺の領海外側にある接続水域では26日…
  2.  県立八重山高校(黒島直人校長)の家庭クラブは、今春卒業する3年生の制服を回収し、リユース(再利用)…
  3.  「タイワン!」。平埔(へいほ)族の言葉で「お客さん!」という意だという。「台湾」とは、その昔オラン…

話題をチェック!

  1.  政府、県、那覇市が主催した「北朝鮮による拉致問題を考える国民の集い」が24日、同市の沖縄青年会館で…

assembled by まめわざ

日付から記事を検索

2021年3月« 2月
« 2月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
八重チャンネル
定期購読のお申し込み
ページ上部へ戻る