衆院選沖縄第4区 候補者2氏に聞く

㊧インタビューに答える金城氏=20日、豊見城市の事務所㊨インタビューに答える西銘氏=22日、南風原町の事務所
㊧インタビューに答える金城氏=20日、豊見城市の事務所㊨インタビューに答える西銘氏=22日、南風原町の事務所

自公政権で政策実現 経済、福祉は安保が根幹

西銘恒三郎氏

―争点は。
「衆院選は政権選択の選挙だ。私は自民、公明の連立政権で戦っている。コロナ対策は3回目のワクチン接種、飲み薬、国産ワクチン開発など、やるべきことは多い。暮らしを守るため、落ち込んだ経済をどうするのかが争点になる」
「岸田文雄首相はコロナ対策の補正予算の指示を出している。選挙後は税制改正の議論、来年度予算の決定と慌ただしく動く。現実に政策を実現できるのが自公連立政権だ」
「沖縄の観光関連産業は相当なダメージを受けた。補正予算の経済対策、地方創生臨時交付金、予備費など臨機応変に対応できる予算をしっかり取る」
―離島振興策は。
「沖縄の島々はわが国全体の縮図だ。島で生活し、そこで生業(なりわい)ができて暮らしていけるよう、離島振興は頭のど真ん中に置いている」
「県全体の農業は1千億円規模だが、1千5百億円規模を目指してもいい。現場で関係する皆さんが一堂に会し政策を模索しなくてはならない。食料の安全保障という視点からも、農漁業の重要性は増す」
―宮古、八重山の陸自配備問題と尖閣諸島問題への考えは。
「わが国を取り巻く安全保障環境は極めて厳しい。視野をインド・太平洋地域くらいまで広げて見ないといけない。自由な経済活動、社会福祉も安全保障が根幹だ。陸自配備はやるべきだ」
―玉城県政の評価は。
「私は内閣の一員なのでコメントは控えたい。その上で国会活動をしてきた者として言えば、概算要求の行動を見ても、県政のトップリーダーとしての動きに気迫が足りないという印象は持っている」
―重視する政策は。
「まずコロナ対策。気を緩めない前提で経済を成長させ、分配で所得を増やして購買力を高めるのが内閣の方針だ。選挙が終われば予算、税制、全力で取り組む」
―序盤戦の手応えは。
「相手陣営はいわゆるオール沖縄勢力で、1対1の構図だ。どちらが勝つか分からない。投票箱が閉まるまで戦いを徹底的にやる」

保育行政推進に意欲 尖閣「平和的対話求める」

金城徹氏

―争点は。
「コロナ対策、県民生活の向上、子育てと教育、離島振興、女性活躍、多様性、辺野古新基地建設問題だ」
「コロナ対策で一番大事なのは医療体制の充実を図り、病床確保や医療関係者の包括的支援を実施すること。水際対策として入国管理の抜本的強化、無料PCR・抗原検査体制の拡充、コロナ対策費を都道府県へ事前配分、雇用調整助成金の10割補助の継続」
「消費税の5%減税、年収1千万円以下の所得税ゼロ、富裕層・超大企業の優遇税制是正、所得の再分配を強化する」
―離島振興策は。
「新時代に合った沖縄振興計画が必要だ。玉城デニー県政と連携し、交通・物流コスト低減、農畜産水産業の育成強化、六次産業化を推進する」
―宮古、八重山の陸自配備問題と尖閣諸島問題への考えは。
「基本的に自衛隊は評価しているが、住民合意のない配備は反対する。住民保護が後回しになっているのではないか」
「尖閣諸島は日本の領土だ。エスカレートを防ぎ、平和的な対話を求めるべきだ。日台漁業取り決めは、漁業者の安全操業がキーワード。漁業者の安定操業を確保する」
―玉城県政の評価は。
「さまざまな困難に対し、県民の先頭で頑張っていると評価する。コロナ対策は検査体制が日本でもトップクラス。観光や地域経済の復興に県政と連携して取り組む」
―重視する政策は。
「保育行政、子ども行政、女性活躍、多様性などを重視したい」
「沖縄本島では辺野古新基地建設反対は避けて通れない。私が保守の立場であることは冒頭に必ず申し上げている」
「20代、30代の働く父母には安心して子どもを預けられる環境がないと仕事に精魂傾けられない。子ども行政を進めるべきだ」
―序盤戦の手応えは。
「これまでは正直言って知名度が低いと感じていた。公示前に報道量が増え、かなり国政選挙があると言うことが認知され、私の認知度も少しずつ上がってきたと感じる」

関連記事

八重山日報公式Twitter

ユーグレナ ジョブ図鑑 シルバー人材センター たびらいレンタカー ecovillage 嶺井第一病院 とみやま耳鼻咽喉科 ヒデ整形クリニック アイン薬局 ひとし眼科
ページ上部へ戻る