一足早い夏の訪れ宣言 日本最南端の海びらき 石垣市川平

初泳ぎで元気よく海に飛び込み、海開きの訪れを喜んだ=19日、底地ビーチ
初泳ぎで元気よく海に飛び込み、海開きの訪れを喜んだ=19日、底地ビーチ

「日本最南端!八重山の海びらき2022in石垣島」(主催・一般社団法人八重山ビジターズビューロー、YVB)が日午前、石垣市川平の底地ビーチで開かれた。ことし一年の海の安全を祈願し、一足早い夏の訪れを日本全国に宣言した。約800人(主催者発表)が来場した。
開会に先立ち、午前7時分から神司による安全祈願が始まった。気温は25度、水温は23度と過ごしやすく、水に入ると若干肌寒い気候となった。
オープニングでは「ハーラウフラカレイキニ」のメンバーがフラを披露。川平小中学校の大屋優奈さん(小5)、仲本光君(小5)、仲本かんなさん(中2)、宮澤彩さん(中2)が力強く海開きを宣言した。宣言後、オープニングテープカットが行われ、一斉に海に駆け出し、初泳ぎで海開きの訪れを喜んだ。
初泳ぎでは海上保安庁のヘリの登場や、スタッフが野菜や果物を海に投げ込み、勢いよく飛び込んで拾う海上収穫祭もあった。
小学3年生の川崎心愛(みあ)さん(9)は「とても楽しかった。夏は思いっきり友達と泳ぎたい」と笑顔。川平中1年の長田莉羽(りう)君(13)は「海で果物を拾ったり、めったにできない体験ができてうれしかった。シュノーケル体験やヨットもやってみたい」と期待した。
そのほか、ミス八重山ステージやTシャツデザインコンテスト表彰、花王株式会社による日焼け止め製品の贈呈式が行われた。
八重山商工高校の郷土芸能や八重山高校ダンス部BaBE‘XXのダンス、地元のアイドルユニット「Jasmin(ジャスミン)」によるミニライブ、吉本芸人で竹富町観光大使にもなっているありんくりんのお笑いライブなどがあり、会場は盛り上がりを見せた。
主催者を代表してYVB会長の中山義隆石垣市長は「八重山諸島の海の行事やマリンレジャーが一年無事故で、快適なシーズンとなるよう祈念します」とあいさつ。
沖縄観光コンベンションビューロー(OCVB)の下地芳郎会長は「ようやく海開きの季節がやってきた。八重山の海を世界に向けて発信していこう」と呼び掛けた。
そのほか大浜知司竹富町副町長、糸数健一与那国町長、玉城デニー知事(代読・曽根淳沖縄県八重山事務所長)もあいさつした。
ビーチサイドの部ではビーチ宝探し、セーリング体験が行われた。

関連記事

八重山日報公式Twitter

ユーグレナ ジョブ図鑑 シルバー人材センター たびらいレンタカー ecovillage ヒデ整形クリニック アイン薬局 ひとし眼科 嶺井第一病院 とみやま耳鼻咽喉科
ページ上部へ戻る