【金波銀波】「結論ありきで中身がない」…

 「結論ありきで中身がない」「公平性や中立性を欠く」「国民の理解を得られない」―。米軍普天間飛行場の辺野古移設で、国交相が撤回の効力を一時停止したことを受け、30日、記者団に怒りをぶつけた玉城デニー知事◆翁長雄志前知事の失敗から何も学んでいないのか、と残念な気持ちになる。国を「敵」に見立てて痛罵すれば基地反対派は喜ぶが、冷めた目で見る本土の人たちとの距離感は、ますます広がる。国も県も「普天間の危険除去」というゴールは同じはずなのに◆言葉の応酬が与野党の攻防なら話は分かるが、国と地方の関係は本来、そんなものではないはずだ◆先日の県議会でも、新知事の「デニー色」はほとんど感じられなかった。県政トップの顔が変わっただけで、玉城県政とは結局、翁長県政の2期目であることが鮮明になっている。これで普天間問題の進展が望めるのか、はなはだ心もとない◆承認撤回をめぐる攻防の場は、いずれ法廷に移るようだ。この光景には見覚えがある。翁長県政時代の「承認取り消し」をめぐる法廷闘争だ。普通、同じルートをたどれば、同じ結果に行き着く。同じことの繰り返しを「時間の無駄」と呼ぶのではないか。辺野古の是非が争点となった知事選直後の、辺野古の是非を問う県民投票のように。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  第十一管区海上保安本部によると、尖閣諸島(石垣市登野城尖閣)周辺の領海外側にある接続水域では3日、…
  2.  人気クイズ番組の「ミステリーハンター」を10年以上務め、約80カ国を旅した末吉里花さんと竹富小中学…
  3.  石垣市出身の父、竹富町小浜島出身の祖父母を持つ黒島結菜さんが、来年のNHK朝ドラのヒロインに抜てき…

話題をチェック!

  1.  沖縄「建白書」を実現し未来を拓く島ぐるみ会議名護(稲嶺進代表)は19日、辺野古の埋め立て用土砂の搬…

assembled by まめわざ

日付から記事を検索

2021年3月« 2月
« 2月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
八重チャンネル
定期購読のお申し込み
ページ上部へ戻る