市有地の取得計画範囲確定 防衛省、平得大俣の22ヘクタール

 石垣島への陸上自衛隊配備計画で、沖縄防衛局は13日、石垣市に対し、市有地の取得計画範囲が確定したと通知し、用地取得に関する調整を依頼した。市が17日までに防衛局の文書をホームページで公開した。
 文書によると、取得を計画している市有地は平得大俣地区で12筆、約22・4ヘクタール。地目は畑が2筆、山林が9筆、原野が1筆。

 市は早ければ市議会12月定例会に市有地の売却を提案する見通しで、今後、売却に向けた庁内の手続きに入ると見られる。ただ市議会の一部には、売却ではなく賃貸を求める声もある。
 駐屯地建設予定地の全体面積は約46ヘクタールで、沖縄防衛局はこのうち民有地の一部について、来年2月ごろ用地造成工事に着手する方針を示し、工事の入札を公告している。ただ現時点で用地は取得していないという。
 予定地周辺の4地区住民は陸自配備に反対する姿勢を示しており、沖縄防衛局は21日に市健康福祉センターで4地区住民対象の説明会を開く。
 「石垣市住民投票を求める会」(金城竜太郎代表)は、平得大俣地区での自衛隊配備の是非を問う住民投票実施を目指し、条例制定に向けた署名活動を今月末まで継続。市議会で多数を占める与党の一部に容認論があるため、同会の直接請求が成立して市が条例案を提案した場合、可決される可能性がある。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 石垣市で、ゴールデンウィーク(GW)の人の往来に由来する新型コロナウイルス感染拡大が止まらない状況に…
  2. 第十一管区海上保安本部によると、尖閣諸島(石垣市登野城尖閣)周辺の領海外側にある接続水域では13日、…
  3.  第十一管区海上保安本部によると、尖閣諸島(石垣市登野城尖閣)周辺の領海外側にある接続水域で12日、…
  4.  宮古、八重山の5市町でつくる美(か)ぎ島(すま)美(かい)しゃ市町村会の中山義隆会長(石垣市長)ら…
  5.  石垣市の嵩田林道で、県有地の森林が何者かによって無断伐採され、周辺で進められている陸上自衛隊配備工…

ページ上部へ戻る