議会解散決議を否決 賛成過半数、特別多数達せず 陸自配備の賛否問う

石垣市議会の解散決議が採決され、野党と与党の一部が起立して賛成したが、特別多数には達せず否決となった=28日午後、市議会

 石垣市議会(平良秀之議長)は28日の本会議で、石垣島への陸上自衛隊配備に対する賛否を市民に問うため、仲間均氏が動議で提案した議会の解散決議を採決した。賛成12、反対9で賛成多数になったものの「地方公共団体の議会の解散に関する特例法」が規定する特別多数には達せず、否決した。仲間氏は取材に対し「尖閣諸島の現状を考えた時、自衛隊は必要だ」と述べ、議会を解散し、出直し市議選で市民に配備の是非を問う必要性を強調した。陸自配備に反対する野党を牽制する狙いがあったものと見られる。

 この日の一般質問で仲間氏は、野党が「住民投票を求める1万4千筆の重みを11人の議員が否定するのか」と与党側を批判していることを挙げ「議会を解散し、自衛隊配備の是非を問う選挙をして、もう一度この席に戻ればいい」と挑発。議会の解散決議を動議で提案した。後上里厚司氏が賛成し、動議は成立した。
 解散決議は一般質問終了後の本会議で直ちに採決され、野党は9人全員が賛成、与党からも仲間氏のほか後上里氏、箕底用一氏の両氏が賛成に回った。
 しかし、特例法は解散決議の成立に議員数の4分の3以上の出席、その5分の4以上の賛成の特別多数を求めており、賛成者数は石垣市議会の特別多数である17人に達しなかった。
 閉会後の取材に対し野党連絡協議会長の宮良操氏は「自衛隊配備の賛否を問う住民投票条例案が否決され、残された手段は議会解散しかないと判断した。身を挺(てい)して住民の信を問う覚悟で臨んだ」と強調。長浜信夫氏は「与党は住民に信を問うことを恐れているのか」と批判した。
 与党「自由民主石垣」会派長の砥板芳行氏は、陸自配備の賛否を問うことについて「議会解散の理由には当たらない」と述べた。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  石垣市の高齢者を対象にした新型コロナウイルスワクチンの集団接種が17日、市総合体育館メインアリーナ…
  2.  第十一管区海上保安本部によると、尖閣諸島(石垣市登野城尖閣)周辺の領海外側にある接続水域では17日…
  3.  防衛省で前幕僚長を務めた河野克俊氏が12日、日本記者クラブでオンライン会見し、石垣市が尖閣諸島に字…
  4.  第十一管区海上保安本部によると、尖閣諸島(石垣市登野城尖閣)周辺の領海外側にある接続水域では15日…
  5. 第十一管区海上保安本部によると、尖閣諸島(石垣市登野城尖閣)周辺の領海外側にある接続水域では23日、…

ページ上部へ戻る