方言で遊ぶカルタ発行 ことわざの知恵伝える 市文協すまむに部会

 石垣市文化協会(江川義久会長)の「すまむに部会」(黒島健部会長、会員12人)が8日午前、市文化協会事務室で記者会見を開き、八重山のことわざ(「むかすむに」)を方言で記した歌ガルタ「やいまぬむかすむにかるた」が完成、発行したと発表した。定価2000円(税抜)。山田書店やブックスきょうはんなど、市内各所で販売する。

 札は「あっつあぬ あんで うもーなよー」(やるべきことはさっさとすませて、明日があると思って気を許すな)など、ことわざの最初の1文字を五十音に合わせた全45首(「を」などを除く)。
 誰もが覚えやすく、教育現場でも活用できるよう、歌ガルタの形式を採用し、読み札には1つのことわざの全文と意味を、取り札にはことわざの後文を記した。取り札にはイラストもあり、絵本『すまむにで読む八重山の昔話』で絵を担当した鍋倉佳世子(字石垣)さんが描いている。
 2009年に設立した同部会はカルタ作りを5年ほど前から企画。方言の普及とともに、世代を超えて方言が楽しめ、子どもの情操教育の一助になるようにとの願いを込めた。
 宮城信勇編『八重山ことわざ事典』を参考に、字石垣にある方言の勉強会・すまむにしょーら会のメンバーなどから助言を受けつつ、▽子どもが理解しやすく▽現代に通じ▽親が子どもに伝えたい、知恵になるもの―などを基準に選定した。
 江川会長(74)は「同部会はこれまで方言を教え、CDや絵本などで形にしてきた。今回はカルタでスマムニを広める」とあいさつ。
 黒島部会長(71)は「これからどんな活用方法が出てくるのか楽しみ」、安里昭子副部会長(75)は「カルタの出前授業をするなど、子どもたちと関われる機会をつくりたい」と意気込んだ。
 同カルタは28日に開催される「第9回すまむにを話す大会」でも販売される。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  石垣市の高齢者を対象にした新型コロナウイルスワクチンの集団接種が17日、市総合体育館メインアリーナ…
  2.  第十一管区海上保安本部によると、尖閣諸島(石垣市登野城尖閣)周辺の領海外側にある接続水域では17日…
  3.  防衛省で前幕僚長を務めた河野克俊氏が12日、日本記者クラブでオンライン会見し、石垣市が尖閣諸島に字…
  4.  第十一管区海上保安本部によると、尖閣諸島(石垣市登野城尖閣)周辺の領海外側にある接続水域では15日…
  5. 第十一管区海上保安本部によると、尖閣諸島(石垣市登野城尖閣)周辺の領海外側にある接続水域では23日、…

ページ上部へ戻る