八重山は「日本の古い姿」 酒井氏が講演、65年前来島

酒井氏(右上の写真)の講演に聞き入る人たち=19日午後、市民会館中ホール

 八重山文化研究会(崎原毅会長)の創立50周年記念講演会が19日、石垣市民会館中ホールで開かれ、1925年(大正14年)生まれの民俗学者、酒井卯作氏が「八重山研究 今昔~南島研究を振り返って~」と題して講師を務めた。65年前の54(昭和29)年に初めて八重山を訪れた酒井氏は「(当時は)助け合って生きていく、横のつながりの美しい時代ではなかったか。これが日本の古い姿かと思った」と振り返った。

 酒井氏は柳田國男研究の権威で、現在は東京都練馬区で南島研究会を主宰するなど、沖縄との関りも深い。
 現在の八重山については、東京の喧騒(けんそう)と比較し「昨年、約10年ぶりに来て、八重山はやっぱり人間の住む所だと思った。皆さんは幸せだと思う」とうらやんだ。
 1928年(昭和3年)、八重山の舞踊団が初めて東京で芸能を披露した際、八重山芸能を恥とする沖縄本島の住民から強く批判され、八重山へ帰ろうとしたエピソードを紹介。
 舞踊団は、連絡を受けた東京の柳田から「土地の人が歌って踊るのが本当の芸能だ」と激励されて本番に臨み、拍手が鳴りやまないほどの絶賛を浴びた。「石垣の踊り子たちは、カーテンの陰で涙を流した。八重山を低く見ていた本土の人たちは、生活に即した文化を分かっていなかった」と解説した。
 54年の八重山訪問を「鹿児島から1週間に1回くらいの船で、那覇まで3、4日かかり、那覇から先島までの船が1週間に1回くらい。波照間島に行き、八重山がいかに遠い所か思い知らされた」と回顧した。

関連記事

Yaeyama Nippo official SNS

ピックアップ記事

  1. 第十一管区海上保安本部によると、尖閣諸島(石垣市登野城尖閣)周辺の領海外側にある接続水域では22日、…
  2. 竹富町は22日、西表島を除く各島で、新型コロナウイルスワクチンの住民一斉接種を行うことが決まった、と…
  3.  第十一管区海上保安本部によると、尖閣諸島(石垣市登野城尖閣)周辺の領海外側にある接続水域では21日…
ページ上部へ戻る