石垣島で田植え開始 昨年より10日早く

宮城さんが石垣島で最初の田植えを開始した=16日午前、石垣市平田原

 石垣島で最も早い一期作の田植えが16日、平田原の水田で始まった。農業生産法人みやぎ米穀(石垣市登野城)の宮城翔吾代表取締役(30)が田植え機に乗り、約30アールの水田に苗を植え付けた。収穫は5月中旬ごろの予定。
 同社は昨年、もみの乾燥施設を整備し、生産から加工、販売まで自社で取り組む流れを実現した。この日植え付けた水田から収穫する米は、それとは別にJAに出荷するもので、5月末ごろから店頭に並ぶ。
 今期の一期作は年末年始の温度が高めで苗の生育が良く、昨年より10日早い植え付けになったという。

 宮城代表取締役は「今年は石垣島の米の品質を高めるため、研究を進める年にしたい」と話した。
 JAおきなわ八重山地区営農振興センターによると、八重山地区水稲生産部会(黒島良雄部会長、194人)は昨年、一期作が石垣島で600トン、西表島で170トン、2期作が石垣島で100トン、西表島で10トンの合計880トンを生産した。
 今期は収穫面積が石垣島で250ヘクタール、西表島で60ヘクタール、生産量は一期作が石垣島で700トン、西表島で170トン、二期作が石垣島で100トン、西表島で30トンの計千トンを目標に掲げている。
 同センターの担当者は「今期は天候に恵まれ、品質も良く豊作になると思う。継続して消費者においしい米を届けたい」と期待した。

関連記事

八重山日報公式Twitter

ユーグレナ ジョブ図鑑 シルバー人材センター たびらいレンタカー ecovillage ヒデ整形クリニック アイン薬局 ひとし眼科 嶺井第一病院 とみやま耳鼻咽喉科
ページ上部へ戻る