入院、感染症病床上回る 医療崩壊の危機訴え 八重山病院

医療体制の逼迫を訴えている県立八重山病院(資料写真)

県立八重山病院(篠﨑裕子院長)は8日、新型コロナウイルスに感染したり、感染が疑われる患者の入院が14人となり、感染症対応病床の13床を上回ったことを明らかにした。篠﨑院長は「これ以上患者が増えると医療体制が逼迫(ひっぱく)し、一般医療を制限しないといけなくなる」と述べ、医療崩壊の危険性が迫っているとの認識を示した。
その上で八重山住民に対し「(感染予防のため)行動自粛を切に願っている」と呼び掛けた。
県によると8日現在、八重山病院には新型コロナが確定した患者12人、未確定の患者2人が入院している。八重山病院の軽症患者は徳洲会病院に移送しており、徳洲会病院の入院患者は5人。
八重山病院の入院患者のうち、集中治療室に入っている重症患者が1人、中等症患者は3人。軽症であっても、重症化リスクが高い高齢者や基礎疾患がある人は入院している。
今後、新型コロナ患者に対応する病床をさらに増やした場合、医師や看護師も再配置する必要があり、場合によっては新型コロナ以外の手術を延期・中止せざるを得なくなる可能性もある。
宿泊療養施設のアパホテルには13人が入所、自宅療養は1人となっている。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  第十一管区海上保安本部によると、尖閣諸島(石垣登野城尖閣)周辺の領海外側にある接続水域では6日、中…
  2.  八重山防衛協会(三木巖会長)などの自衛隊協力団体が主催する「2020年度 美ら島の未来を護る君の手…
  3.  今年数え年109歳の茶寿を迎えた加治工トヨさんにこのほど、竹富公民館(内盛正聖館長)は頌状と祝い金…

話題をチェック!

  1.  (一般)石垣市観光交流協会(大松宏昭会長)役員・理事らと市の施設管理課、観光文化課職員の計17人が…

assembled by まめわざ

日付から記事を検索

2021年3月« 2月
« 2月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
八重チャンネル
定期購読のお申し込み
ページ上部へ戻る