「奨学金制度の活用を」 沖国大の前津学長呼び掛け

 沖縄国際大学の前津榮健学長は20日、石垣市で八重山日報の取材に応じ、離島や遠隔地出身の学生に奨学金を支給する制度が十分に周知されていないとして、活用を呼び掛けた。奨学金制度は石垣市出身の前津学長の肝いりで2017年度からスタートした。
 離島、遠隔地出身の学生に対し、入学時に5万円を支給する「入学時離島遠隔地出身学生支援奨学金」、学業成績に応じ、授業料の半額または4分の1相当を支給する「離島遠隔地出身学生奨学金」がある。

 同大によると、今年度の利用者数は入学時の支給が久米島9人(前年度7人)、宮古28人(同14人)、八重山12人(同10人)、北部5人(同9人)で計54人(同40人)、授業料の半額相当支給が久米島2人(同ゼロ)、宮古6人(同8人)、八重山9人(同6人)、北部2人(同同)で計19人(同16人)、4分の1相当支給が久米島6人(同3人)、宮古8人(同14人)、八重山4人(同6人)、北部1人(同2人)で計19人(同25人)。
 入学時の奨学金支給は、離島や遠隔地出身であれば無条件だが、前津学長は「制度の存在に気づかず申請していない学生もいるようだ。活用してほしい」と話した。
 この日は石垣市内のホテルで同大後援会定期総会が開かれ、役員改選で会長に新垣實さんを再任した。学生の就職活動をテーマにした講話もあり、キャリアデザイン研究所の松堂美和子代表が講師を務めた。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  第十一管区海上保安本部によると、尖閣諸島(石垣登野城尖閣)周辺の領海外側にある接続水域では6日、中…
  2.  八重山防衛協会(三木巖会長)などの自衛隊協力団体が主催する「2020年度 美ら島の未来を護る君の手…
  3.  今年数え年109歳の茶寿を迎えた加治工トヨさんにこのほど、竹富公民館(内盛正聖館長)は頌状と祝い金…

話題をチェック!

  1.  前宜野湾市長の佐喜真淳氏が27日、石垣市民会館大ホールで講演した。昨年の知事選で落選したが「政治家…

assembled by まめわざ

日付から記事を検索

2021年3月« 2月
« 2月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
八重チャンネル
定期購読のお申し込み
ページ上部へ戻る