「社長の仕事はリクルート」 起業成功の高木氏講演

講演する高木哲男氏。手前は昨年出版した著書=16日午後、石垣市立図書館

 起業した会社の年間売り上げ40億円、経常利益50%の10年間継続を達成したimpRexホールディング代表取締役の高木哲男氏が16日、石垣市立図書館で「私の経営哲学・ビジネスはハートが肝心」をテーマに講演した。
 高木氏は40歳で脱サラし起業。インターネットセキュリティの会社を成功させたあと、当初の人生計画に沿い、60歳で会社の株式・資産を約500億円で売却、引退した。
 講演では、社員を、リーダーになる「人財」、通常の「人在」、他人の情熱を消して業務を妨害する「人罪」の3種類に分け「社長の仕事は人材のリクルートだと思う。採用担当が社長である限り『人財』は来る」と強調。「人罪」については「3秒でクビ」と指摘した。
 その上で「(上司から部下への)権限委譲をちゃんとした会社は伸びる。責任感が芽生え、強い組織がつくれる」と助言した。
 60歳で社長業を引退したことについて「フルマラソンも42・195㌔がゴールだから走れる。どこがゴールか分からないのに、まじめに走れない」と説明。若いころはお金を稼ぐために努力したが「60歳からお金を使うしかない」とユーモラスに話した。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 石垣市で、ゴールデンウィーク(GW)の人の往来に由来する新型コロナウイルス感染拡大が止まらない状況に…
  2. 第十一管区海上保安本部によると、尖閣諸島(石垣市登野城尖閣)周辺の領海外側にある接続水域では13日、…
  3.  第十一管区海上保安本部によると、尖閣諸島(石垣市登野城尖閣)周辺の領海外側にある接続水域で12日、…
  4.  宮古、八重山の5市町でつくる美(か)ぎ島(すま)美(かい)しゃ市町村会の中山義隆会長(石垣市長)ら…
  5.  石垣市の嵩田林道で、県有地の森林が何者かによって無断伐採され、周辺で進められている陸上自衛隊配備工…

ページ上部へ戻る