単価4千円の大台 最優秀賞に新里朋矢さん JA石垣牛肥育部会枝肉共励会

㊧最優秀賞を取ったA5ランクでBMS12の枝肉。㊨第29回JA石垣牛肥育部会枝肉共励会で最優秀賞の新里さん夫妻(中央)、優秀賞の先島ファームの内田さん(右)、優良賞のJAおきなわ八重山肥育センターの金嶺圭昇場長=19日午前、八重山食肉センター

 第29回JA石垣牛肥育部会枝肉共励会が19日、八重山食肉センターで開かれた。セリに出品された16頭全てが4等級以上(上物率100%)で、最優秀賞に選ばれた新里朋矢さん(37)=八島=の黒毛雌の枝肉は1㌔当たりの販売単価が4000円と大台に乗り、今回のセリ単価の最高額を付けた。

 公益社団法人・日本食肉格付協会九州支所の鳥淵賢二郎支所長は「全国平均よりも18%ほど上物率が高く肉質が向上している。素晴らしい成績だった」と評価。優秀賞には先島ファーム(内田学代表)、優良賞にはJAおきなわ八重山肥育センター(金嶺圭昇場長)の枝肉がそれぞれ選ばれた。
 出品されたのは黒毛去勢11頭、黒毛雌5頭。平均枝肉重量は503・3㌔、ロース面積65・8平方㌢、バラの厚さ7・9㌢、皮下脂肪3・0㌢、歩留まり74・2%、霜降りの度合いを示す牛脂肪交雑基準(BMS・12段階)は7・9だった。
 最優秀賞の枝肉は重量473・5㌔、ロース面積89平方㌢、バラの厚さ8・3㌢、皮下脂肪2・5㌢、歩留まり78・2%、BMS12。

固定ページ:

1

2

関連記事

ピックアップ記事

  1.  第十一管区海上保安本部によると、尖閣諸島(石垣市登野城尖閣)周辺の領海外側にある接続水域では26日…
  2.  県立八重山高校(黒島直人校長)の家庭クラブは、今春卒業する3年生の制服を回収し、リユース(再利用)…
  3.  「タイワン!」。平埔(へいほ)族の言葉で「お客さん!」という意だという。「台湾」とは、その昔オラン…

話題をチェック!

  1.  中高年のひきこもり問題が注目を集めている。神奈川県川崎市の殺傷事件を起こした51歳の男が「ひきこも…

assembled by まめわざ

日付から記事を検索

2021年2月« 1月
« 1月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
八重チャンネル
定期購読のお申し込み
ページ上部へ戻る