子の貧困、12億8千万円交付 石垣などで若年妊産婦居場所 内閣府

 内閣府は11日、2019年度の沖縄子どもの貧困緊急対策事業として12億8960万円を交付すると発表した。県、市町村が実施する同事業の99%を補助する。新規事業として、ひきこもり、不登校、若年妊産婦など、手厚い支援が必要な子ども対策の強化、離島・へき地の取り組み支援などを盛り込んだ。
 若年妊産婦の居場所は石垣市、沖縄市、南風原町で設置。食事支援、生活指導、学習支援のほか、出産育児相談、就学継続支援、就労自立支援も行う。
 県、那覇、糸満市を対象に、それぞれの「居場所」の連絡会を設置し、対応力の向上を図る。
 継続事業として子どもの貧困支援員配置、子どもの居場所の運営支援なども進める。
 宮腰光寛沖縄担当相は11日の記者会見で、子どもの貧困対策について「実効あるものにしていかなければいけない」と強調。「子供の貧困対策は今、相当大きなテーマだ。政府全体で対策を講じていけるよう頑張っていきたい」と述べた。

関連記事

八重山日報公式Twitter

ユーグレナ ジョブ図鑑 シルバー人材センター たびらいレンタカー ecovillage 嶺井第一病院 とみやま耳鼻咽喉科 ヒデ整形クリニック アイン薬局 ひとし眼科
ページ上部へ戻る